医療観光

 

 

プラウド泌尿器科訪問ガイドライン

このページをご覧になっている方々はソウルに訪問して医療旅行を計画中かと存じます。プラウド泌尿器科は韓国政府が指定したクリニックで医療旅行ビザを支援しております。

 

 

1. 研究ビザ情報

ほとんどの国では旅行するために韓国を訪問すれば90日間滞在することが可能です。しかし、特定国籍の方は事前にビザを申請しなければなりません。

 

ビザ発行の対象グループ(C-3-3、G-1-10 VISA)

- 疾病及び障害の治療または回復目的で91日以上の在留期間が必要な場合に専門の医療クリニックまたはリハビリ施設に入院しようとする者。

- 患者の子ども(未成年者は、同伴保護者が必要)患者の配偶者を含めて患者と患者の直系家族構成員(滞在期間は1年、複数入国ビザは1年間有効)

- C-3(M):期間の余裕が場合、治療や旅行期間が90日以下(簡単な施術、例えば整形手術など)

- G-1(M):1年(長期治療やリハビリ)

VISA申込書に必要な様式の作成をお手伝いします。医療旅行ビザを申請する場合、事前にお知らせください。

 

当院の泌尿器科で行われるほとんどの手術は入院が必要せず、90日以上滞在する必要はありません。詳しくはこちらをクリックしてください。

click here

 

 

2. 航空便の予約

ビザの申請を終えた後は、韓国の航空便を予約しなければなりません。*航空券やホテルの宿泊は5Sパッケージに含まれておらず、患者さんが直接お払いになります。 海外から来る場合、仁川空港に到着しなければなりません。航空便を予約する前にカウンセラーに当院訪問日を知らせてください。当院は月曜日から土曜日までオープンしており、日曜日には休診となっております。診療時間は午前9時30分から午後6時30分(土曜日:午前9時30分から午後3時30分まで)です。航空便の予約を済ませるとコンサルタントから予約確認のために様式をお送りします。

 

 

3. コンシェルジュサービスで韓国訪問

当院のサービス任務は患者さんを気楽に韓国旅行をするような気分にさせることです。ソウル/仁川国際空港に到着すると、タクシーのスタッフが空港からピックアップし病院とホテルまでご案内します。多くの場合、朝早く韓国を訪問し、相談や手術をその日にすぐ行う患者さんもいますが、もし夕方や夜中に来られた場合、翌日、相談や手術が行われます。 

 

 

4. 手術後のアフターケア

韓国で患者の平均滞在期間は3日~1週間です。したがって、患者は後続診療のために来院しなければなりません。当院のスタッフは最終日まで全ての手術後管理をフォローします。そして患者さんがご自宅で直接管理する方法も教えます。その後、ご質問等ありましたら、Eメール、電話またはメッセンジャーアプリを通じて患者さんの状態と進行状況を把握いたします。